おうぎ形は円の一部分

伊勢市*数学*塾・予備校*エムジェック*塾長の真鍋です。今週末から中学・高校とも一斉に冬休みになります。約2週間と短期間ですが受験生にとっては最後のまとまった貴重な時間です。規則正しい生活をおくり、時間をムダにしないよう計画的に勉強を進めましょう。
中1数学の図形問題で『おうぎ形』関連が分かりづらいという声をよく耳にします。具体的にはおうぎ形の『弧の長さ』と『面積』を求める公式が覚えにくいことと中心角を求める問題が難しく感じるようですね。
これら2つの公式は円周($ 2πr $)と円の面積($ πr^2 $)におうぎ形の割合($ \frac{a}{360} $ : $ a $は中心角)を掛けているだけ、ということを知らない(意識できていない)生徒が少なくありません。たしかに意味を考えずに式を丸暗記しようとすると複雑な式に見えますから、公式の成り立ちを理解することがポイントになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)