等比数列の和

高田高校1年生の数学で数列(等比数列の和まで)がテスト範囲に入っています。
等比数列の和の公式は初項:a、公比:r のとき S(n)=a(r^n-1)/(r-1) として覚えます。等比数列の和を含む条件が与えられ、公比rを求める問題でこの公式を利用する際に注意することがあります。いきなり公式を使ってrを求めてはいけません。r=1のときとr≠1のときとで場合分けが必要です。実際問題としてr=1が答えになることはまずありません。しかし、r=1が問題に適さないことの確認を記述しておかないと減点対象です。
等比数列の和の公式は『r≠1』の条件つきであることを忘れないでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です