後期選抜志願者数

三重県立高校の後期選抜志願者数が発表されました。来週に変願期間が設けられているため決定ではありませんが、例年大きな変動はなくほぼ最終の数字といえます。

昨年と比べて大きく変わったのが宇治山田商業高校。商業科、情報処理科、国際科の3科を合わせた全体では、募集人数 72人に対して 79人 ⇒ 109人 と30人増加(+38%)しました。なかでも国際科は昨年の 7人 ⇒ 31人 で 4倍以上に増えています。同じ伊勢市内の伊勢高校と宇治山田高校もそれぞれ 17人、11人増加しており、私立高校の推薦専願希望者が減って県立高校志望に回ったのではなかと推測します。

受験生の心理として志願者倍率が気になるのは理解できますが倍率がどうであれ、やるべき内容が変わるわけではありません。残された時間が少なくなっても、これまで同様、落ち着いて目の前の学習だけに集中してほしいです。

中学3年生のみなさんには入試直前10日間の過ごし方の注意点をまとめてお伝えしますから参考にしてくださいね。さあ、最後のもうひと頑張り。平常心で一緒に走りきりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)