切に!

人間が行う作業に「完璧」を求めるのは酷でしょうし「ミス」を強く責められないのですけど … 
問題集や課題プリントの『解答・解説』での「ミスプリント」は何としても避けてもらわないと困ります。頻繁にお目にかかることはありませんが、生徒から質問を受けるなかで出くわすことがあります。
高校数学の複雑な式の変形途中で微妙な、あるいは類題の解答からコピーして修正忘れしたようなとんでもないミスプリントがあると、子どもたちは解答を疑ってかかりませんから「どうしてそんな変形になるのか?」と一生懸命考えて無駄な時間を使うことになります。しかも質問してくれて解答が間違えていることを伝えられればまだ良くて、深く考えずに誤った答えをそのまま覚えたら大変です。
いずれにしても子どもたちが本当に可哀そうですから解答を作成するときには細心の注意をはらうことは当然として二重、三重のチェックをかけてミスを無くしてもらうようお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です