酸化還元

高1生の化学で酸化還元の範囲を学習中です。
酸化剤(還元剤)の反応式を自分で作る手順は理解しておくべきですが、問題を解く際に一つ一つ反応式を作るのは大変です。教科書に載っている主な酸化剤と還元剤の反応式はぜひ覚えてください。表を見て丸暗記するのではなく、問題を演習しながら出てきたものを1つずつ覚えていけば良いです。過マンガン酸カリウムや過酸化水素水など滴定の問題に頻出するものは何度も同じ式を書いているうちに自然に記憶に残っていきますから。

さて、過酸化水素と二酸化硫黄はその相手によって酸化剤にも還元剤にもなりますよね。では、過酸化水素と二酸化硫黄を反応させるとどうなるのか疑問に思う生徒もいるはずです。この場合、過酸化水素は酸化剤、二酸化硫黄が還元剤として反応します。なぜかというと、過酸化水素は本来酸化剤であり二酸化硫黄は還元剤が基本です。ただし、相手の物質がより強い酸化剤や還元剤の場合に限りそれぞれが逆になりうると理解しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)