新教科書

新しい中学生用教科書の展示が今日までだったことを思い出し、伊勢図書館へ行ってきました。コロナの影響で入館時に氏名と連絡先を記入してから2階の展示場へ。まず見た目に大きな変化はなく前回改訂の時にあった大幅なページ増加はなさそうです。各科目1冊ずつ手に取ると色使いであったり写真、イラスト、図表の多用をしたり、説明を分かりやすくする工夫がみられます。また、数学の箱ひげ図(四分位範囲)、英語では感嘆文や仮定法など新たに追加された内容も散見しました。
学習指導要領の改訂にともなって教科書の内容が変わります。今後ますますグローバル化が進み、人工知能(AI)が急速に進化をとげるに違いありません。そのような社会で活躍できる力を学生時代に育むためには教科書の内容(何を学ぶか)もさることながら『どのように学ぶか』が重要です。知識の詰め込み(だけ)でなくそれをどう使うかの「思考力」「判断力」「表現力」を伸ばすノウハウは今後確立されていくでしょう。ハード、ソフトともに学習環境が整えば、あとは子どもたち自身の問題。心身ともに健やで自ら学びに向かう気持ちを持つことが何よりも大切と感じます。
エムジェックでは「教える」こと自体はさほど重視していません。子どもたちが“やらされている”のではなく自分の意思で勉強に向き合えるようになれば後は質問に対する的確な回答と経験的なサポートによって結果が目に見えて変わっていきます。一人でも多く自律した学習ができる生徒になってもらえるよう様々なアプローチをしていきます。ぜひ、体験にきてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です